作業の区分|現状回復のことを考えて住もう|退去の際に必要不可欠な工事
作業員

現状回復のことを考えて住もう|退去の際に必要不可欠な工事

作業の区分

空室

オフィスや飲食店における原状回復工事には、内装解体と修繕、そして廃棄物の撤去があります。厨房機器買取などを行なっていない会社も多いので、その点は依頼する前に確認して置いた方が良いです。改装を施した内装をまず撤去しますが、この内容としては新たに設置した看板や間仕切り、照明や備品の、後に付設したものは全てです。退去時にはこれらを解体し、撤去まで済ませておく必要があります。修繕工事という原状回復工事とは、スケルトン工事をしない場合です。入居時にスケルトンの状態ではなかった場合、そして契約の関係上、床や壁の張替えが要求される場合は修繕しなければいけません。この場合は入居時に写真を撮っておいた方が分かりやすいですが、そのまま戻さなくても良い場合もあります。廃棄物の撤去は必ずしなければいけませんが、これは原状回復工事を申し込んだ際に既に契約に盛り込まれていることが多いです。

そして、居抜き物件として入居した飲食店は特に注意が必要な原状回復工事であるといえます。契約情報によってはスケルトン工事が求められることがあるので、しっかりと内容を確認しておきましょう。原状回復工事には業者を指定される場合も多いです。B工事という、入居者が費用を負担し、ビル指定業者を頼まなければならない場合がそうです。これも契約を確認した方が良いです。その指定業者が提案する見積もりが高いと感じた場合は、別の業者に値下げの交渉を頼むことも可能となっています。