費用の相場を確認|現状回復のことを考えて住もう|退去の際に必要不可欠な工事
作業員

現状回復のことを考えて住もう|退去の際に必要不可欠な工事

費用の相場を確認

空き部屋

原状復帰にかかる費用については、相場を調べておいた方が良いです。業者に見積もりを提案され、それが安い値段であったとしても、相場を知らなければ「こんなに費用がかかるのか」と思うこともあるかもしれません。せっかく良い値段を提示されているのに、それではもったいないです。また、住居とオフィス、飲食店では行なう作業も費用も異なってくるので注意しましょう。小さなオフィスをマンションの一室を借りて運用している場合では、現状復帰は住居と変わらない値段で行なわれることも多いです。

住居の窓にカビが発生してしまった場合には、およそ一枚で3000円ほどの費用でクリーニングをしてもらえます。これはなにも退去の時だけではなく、生えたその時に行なっても問題ありません。多額の費用になると予想される作業としては、タバコヤニによる壁紙の張替えです。多少の劣化では原状復帰をする必要はありませんが、臭いがついていたり、焦げ跡があったりすると替える必要があります。焦げ跡がある場所がフローリングであれば、位置平方メートルあたり10000円はします。壁紙は8000円程度でしょう。

物販や飲食店における原状復帰の値段ですが、たいていのお店がスケルトン工事をしますので、その一平方メートルあたりの相場は知っておいても損はありません。一平方メートルあたり飲食店だと10000円位だとすると、物販店の場合はそれよりも安くなります。このように、物販や飲食店かどうかでも条件が違ってくるのです。また、厨房機器が入居時にあったとしても、それが引き継がれたものだったとすれば原状復帰の際除去を求められることもあります。